五行歌

五行歌(ごぎょうか)とは、字数・音数には一切こだわらず、自分の呼吸・リズムに合わせて書く歌で、五行で書くということ以外に規制はありません。
喜怒哀楽を規制に囚われることなく自由に表現でき、呼吸を感じることができるので、誰でも気持ちを素直に伝えることができる新詩形です。
「五行詩」ではなく「五行歌」と言うのは、「詩(し)」という言葉はもともと中国語で、それを日本では「歌(うた)」と言ってきたためです。
詳細は五行歌の会をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒコウキ雲

真っ青なキャンバス
一筆書きの白い線
二度と戻らない一瞬
完成することのない
作品を描き続ける




今朝の空は雲ひとつない快晴。
そんな大きなキャンバスの中を、
ゆっくりと気持ち良さそうに泳ぐ飛行機。
飛行機雲が描くものは、ただ1本の白い線。
だけど、まるで絵のように、
不思議と何かが伝わってくる。
書いても書いてもすぐに消えちゃうのに、
それでも描き進み続ける飛行機雲。
二度と同じものを見ることはできない、
飛行機雲の描く作品。
これぞ芸術って感じっすね。d(-∀-。)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。